Lifull

LIFULLのCIデザイン

2017年4月、株式会社ネクストは、株式会社LIFULLへ社名を変更。それにともない新しいCIをデザインしました。

background

グループの拡大と、
ブランド認知向上の鈍化

新規事業サービスの急激な立ち上げやM/Aなどによりサービス名や社名が乱立し、グループ全体でのブランド認知が思うように進まないという問題がありました。
中期経営計画で目指しているグローバルサービスの構築やその先のビジョン達成のためにも、分散していたブランド価値を集約することでそれらの問題を解決する必要がありました。

“LIFULL”

新社名「LIFULL」には、世界中のあらゆる人々の暮らしや人生(LIFE)を満たす(FULL)企業として貢献していきたいという想いをこめました。

ロゴの制作にあたっては、100以上のサービスを展開した場合でも同じブランドであることが伝わり、かつサービスそれぞれの個性や特徴がわかること、海外展開時にも柔軟に対応できるようにすることを要件に含めました。

それらをふまえ、実際にデザインする上での3つの方針・基準をさだめました。

Simplicity
耐久性があり、拡張性のある
美しく力強いデザイン
Borderless
メディアに依存せず、全ての人種が理解できる、
どんな世界でも再現可能なデザイン
Game-Changer
既成概念を壊し、今までにない新しいデザイン

idea

LIFE

LIFULLのコーポレートメッセージ「あらゆるLIFEを、FULLに。」の“あらゆる”は一括りにしたすべてではなく“一人ひとりを見つめ、一人ひとりに寄りそう”という意味があります。そのためシンボルマークは、あらゆるLIFEに焦点を当てるような“フォーカス”をモチーフとしました。
シンボルマークは“あらゆるLIFE”に焦点をあてられるようなデザインとしました。

execution

自由に形を変え、対象をとらえるシンボル

L Focusは、アルファベットの“L”4つで構成しています。画一的な視点ではなく、多様性にこたえられることを表現するため、縦横自由に形を変えることができるルールを設計しました。

一般的な“ロゴ”という形から離れ、自由に形を変えることを許容したことで、“既成概念を壊し、今までにない新しいデザイン”を目指しました。

master logo

マスターブランドロゴとして、ロゴタイプはウェイトやカーブを工夫することでオリジナリティを出しつつ、時代や流行に左右されない耐久性、メディアに依存しない再現性を確保したデザインを目指しました。

Lifull

service logo

LIFULLが提供する各サービスロゴは、LIFULLブランドであることを明示しながら、拡張性を備えたデザインにしました。L Focusに収まるアイコンは、LIFULL HOME'Sは家、LIFULL FLOWERは花といったかたちで、各サービスを象徴するシンボルを制作し、各サービスドメインを表現しています。

L focus

L Focusはロゴとしてだけでなく、見出しや、写真など様々な場面で注目させたい部分に使用します。

result

LIFULLロゴは、ブランドの核として「あらゆるLIFEを、FULLに。」をあらわし、LIFULLグループの表現の統一感を生み出しています。

credit

  • Creative Director : 川嵜 鋼平 (LIFULL)
  • Art Director : 川嵜 鋼平 (LIFULL)
  • Planner : 川嵜 鋼平 (LIFULL)
  • Producer : 渡邊 陽介 (LIFULL)
  • Designer : 渡邊 陽介 (LIFULL)
  • Designer : 森 瑶子 (LIFULL)
  • Account Supervisor : 川波 力 (J. Walter Thompson Japan)

release

2017/04

share

Other Work
LIFULLのCIデザイン
しなきゃ、なんてない。
したい暮らしに、
出会おう。
開けた瞬間花瓶になる、
旬の花の定期便
未来は、空き家にあった。
Earth Cuisine
- Eatree Plates -